FC2ブログ
トップページ > スポンサー広告 > スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

トップページ > アフィリエイトの基礎知識 > 広告の貼り付け方と広告の種類

ホームページを作ったら早速広告を貼りましょう。
アフィリエイトサービスプロバイダに登録したのであれば多くの広告が選べます。
どの広告を選んでいいか分からず、とりあえず報酬額の高い広告ばかりを選ぶ人もいますが、広告選びの基本は自分のホームページの趣旨に合った広告を選ぶことです。
いくら報酬額の多い広告を貼っても成果がなければ意味がありません。
どのページにどの広告を貼るかしっかり考えましょう。

広告を選んだらいよいよ自分のホームページに掲載する段階になります。
貼り方は非常に簡単であまりHTMLなどを理解していない人でもすぐにできます。
アフィリエイトサービスプロバイダやECサイトが指定するHTMLタグをそのまま貼り付けるだけです。
何も難しいことはありません。(・∀・)
ただ、先ほども書きましたがどのページにどの広告を貼るのかはしっかり考えてください。
売上に直結しますので・・


広告の種類

広告はバナー広告とテキスト広告に分けられます。
様々な統計サイトの調査ではテキスト広告の方がクリック率が高いようです。
テキスト広告は文章の途中に掲載したり、広告内容を詳しく紹介したりできるからのようです。
バナー広告はテキスト広告よりも一般的にはクリック率は下がりますが、視覚的にアピールできるという利点があります。
それぞれの良い点を引き出すように適切に使い分けていくことが必要になります。
特にバナー広告は1ページに大量に貼り付けないようにしましょう。
非常に煩わしく見え、ユーザに嫌煙されがちです。(-_-;


バナー広告の種類とサイズ

バナー広告と一言で言っても様々な大きさのものがあります。
見てるとたくさんあるので皆好き勝手に作成してるように思われがちですが、実はサイズと名称が決まっています。
どの分野にでも標準化を進める人達がいるんですね。
バナーの大きさは1996年にCASIE(Coalition for Advertising Supported Information and Entertainment)とIAB(Internet Advertising Bureau)によって8つの標準サイズが決められました。
その後バナーサイズと視覚効果の関係が研究され、現在では14の標準サイズがあるようです。
それではその14の標準サイズと名称を示します。


バナー広告の種類とサイズ
468×60Full Banner234×60Half Banner
120×240Vertical Banner120×90Button1
120×60Button2125×125Square Banner
88×31Micro Button120×600Skyscraper
160×600Wide Skyscraper180×150Rectangle
300×250Midium Rectangle336×280Large Rectangle
240×400Vertical Rectangle250×250Square Pop-up



バナー広告は自分で作るわけではないのでこのサイズを全部覚える必要はありません。
しかし、頻繁に使用されると思われるFull BannerやHalf Banner、Micro Button等のサイズは覚えておいた方がサイトを作るときに役立ちますよ。
いざ広告を貼ろうとし時に、貼りたい場所に貼れないと寂しいですからね。(笑)

スポンサーサイト
17:45 : アフィリエイトの基礎知識トラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。